鹿児島県薩摩川内市のコミュニティ放送局

鹿児島きんかん「いりき」鋏入れ式

IMG_0104

11月24日(金)入来町浦之名にあるきんかん農家、髙木成寛さんのきんかんほ場で鹿児島きんかん「いりき」鋏入れ式が行われました。

IMG_0069

IMG_0073

薩摩川内市のハウスきんかんは、昭和58年に栽培が始まり、現在、薩摩川内市の重点品目として位置づけられ、きんかん専門部会63名でハウス面積12.0haで栽培しています。
平成16年度から「かごしまブランド産地」として認定され、かごしま農林水産認証制度も継続中です。

IMG_0095

IMG_0106

今年は3月の低温が影響し発芽が1週間から10日ほど遅れたがその後は順調に生育し平年並みの作柄ということです。東京市場では、現在きんかんは宮崎産が占めていますが、入来産の出荷が始まれば入来産に切り替えたいとの声が上がっているそうです。
岩切市長も参加して、テープカットと鋏入れが行われました。

IMG_0144

IMG_0195

IMG_0221

IMG_0265

県外ではまだまだ生食が普及していないので、生でまるごと食べられることをPRしていきたいということです。

IMG_0281

IMG_0280

IMG_0114

SNSでフォローする
関連記事