鹿児島県薩摩川内市のコミュニティ放送局

幻の糯米「溝下糯」収穫!

幻のもち米と呼ばれている「溝下糯」の収穫が祁答院町上手の上手小学校で行われました。

IMG_2986

「溝下糯」は祁答院町上手地区で明治以来より受け継がれている糯米で近年では栽培農家が減少しているそうですが、上手小学校では授業の一環として栽培活動をされているそうです。
栽培している田んぼは学校から歩いて数分のところにあります。

IMG_2769

「溝下糯」は丈が高いのが特徴で成長するとこのように倒れるのだそうです。

IMG_2775

たわわに実っています。

IMG_2778

田植えは全校児童29名で行い、栽培は保護者の方々が中心となって行われたそうです。
収穫は5・6年生13名で行いました。

IMG_2781

初めに刈り取り方法を教わりました。
すべて手で刈り取ります。

IMG_2784

IMG_2787

IMG_2789

いざ収穫です!

IMG_2791

IMG_2799

IMG_2804

IMG_2814

IMG_2891

IMG_2846

刈り取った稲をまとめます。

IMG_2898

IMG_2826

IMG_2924

IMG_2933

まとめた稲を掛け干しして乾燥させます。

IMG_2839

IMG_2969

IMG_2976

田んぼにどじょうがいました!

IMG_2957

1時間程で刈り取りは終了しました。

IMG_2823

IMG_2846

IMG_2951

IMG_2961

収穫量は約2俵半ほどだそうです。
収穫した溝下糯は12月に学校で行われるもちつき大会で使われるそうです。

IMG_2965

IMG_2984

SNSでフォローする
関連記事