鹿児島県薩摩川内市のコミュニティ放送局

西川内フラワーロード・あじさいの季節

薩摩川内市田海町、西川内(にしかわうち)地区。木々のあざやかな緑に囲まれ日中も鳥のさえずりが響き渡る、のどかな田園地帯です。ここ西川内の市道沿い、通称「フラワーロード」には毎年この時期、色とりどりのあじさいが花を咲かせ、訪れた人びとの目を楽しませています。

スライド1

スライド2

スライド3

ホタルも見られるような、美しい川が流れていますよ。

あじさいを植え始めたのは、西川内に暮らす5組の夫婦10人によるボランティアグループ「245(にしご)会」。西川内は「にしごち」と呼ばれることにちなんで、会の名前となりました。「フラワーロード」はおよそ3キロ。一年を通して四季折々の美しい花が見られると評判をよび、多くの人が訪れます。春は桜、桃、ツツジ。初夏のあじさい。夏のひまわり・さるすべり、秋はコスモス、そして冬の菜の花。桜のころには集落のお年寄りを招き、みんなでお花見をして楽しみます。FMさつませんだいでも折々の花の様子をお伝えしてきました。

ひまわりとコスモスの季節
桜の季節

このあじさい。お手伝いしてくれた人たちがいます。毎年この地区で受け入れをしている修学旅行生の皆さんです。今年4月下旬に訪れた、兵庫県姫路市立・高岡中学校の皆さん。スライド4

スライド5

スライド6

受け入れ家庭と対面後、西川内からほど近い東郷の藤川天神を訪れ、西郷どんの愛犬「ツン」の銅像を見学。

スライド7

スライド8

スライド9

245会の皆さんと一緒に、あじさいの肥料やりに挑戦。通りは約3キロ。およそ4000株のあじさいに、ていねいに肥料をほどこしていきます。

スライド10

スライド11

作業が終わり、アイスでひとやすみ。あざやかなツツジをバックに、記念写真。

いろんな人との触れあいがあって、今年も西川内のあじさいは見ごろを迎えつつあります。梅雨の合間に、ぜひお出かけしてみてください!

★車での行き方

薩摩川内市中心地から国道267号を東郷町方面へ向かい、田海町交差点を左折(県道339号)。直進し、次の信号をY字路の右側へと進みます(県道339号)。左に八幡小学校を過ぎて、しばらく進むと左手に「くるくるバス別府原三文字 バス停」が見えたら、右手に「ようこそ花と緑の西川内へ」看板があります。右折して進むとフラワーロード(およそ3km)の始まりです。

※地図は目安です

スライド14

SNSでフォローする
関連記事