鹿児島県薩摩川内市のコミュニティ放送局

祝インターハイ初出場!れいめい高校女子バスケットボール部

この夏、鹿児島をはじめ南九州四県を中心に開催される高校生スポーツの夏の祭典、南部九州高校総体。薩摩川内市は男女バスケットボール競技のメイン開催地です。全国から強豪校が集う地元開催の大舞台に初優勝でみごと出場を決めた、れいめい高校女子バスケットボール部。県予選を振り返り、7月上旬の部活動の様子とメンバーを紹介します。

5月末の県予選。強豪校である男子バスケ部に続けと、新たな扉を開いたれいめい高校女子バスケ部。

県予選決勝リーグ。れいめい、鹿児島女子ともに2勝し、鹿児島代表1位の座をかけての最終戦となった。

今シーズン、1月の新人戦は鹿児島女子が優勝、4月の四県対抗予選ではれいめいが優勝して迎えた3戦目。スピード、スタミナ両面で「走り負けない」ことを念頭に、シャトルランなどで走力を鍛えてきたれいめい。ゲーム開始から押し気味にゲームを進めるものの、昨年の準優勝メンバーが残る鹿児島女子も決して離されない。接戦のまま、33-30で前半を終える。

後半、れいめいが少しずつゲームを支配しはじめる。第3クォーター終わって10点差をつけるものの、最終第4クォーター、鹿児島女子も必死の追い上げをみせ、一時は3点差まで詰められる苦しい展開に。監督の指示も熱を帯び、ベンチからは仲間を鼓舞する大きな声が飛んだ。

全員でディフェンスへの素早い戻り、リバウンドを頑張り、最後まで集中していたれいめい。勝負どころでスリーポイントを決めるなど、ゲームの流れを相手に渡さなかった。

粘る鹿児島女子を振り切り、71-65でゲームセット!

れいめい高校女子バスケットボール部、歓喜の初優勝!!

「自分たちの代で歴史を開くことができて嬉しい」。汗と涙をぬぐいながら語った徳田キャプテン。

応援席に一礼。

九州大会を終えたある日の練習。本番に向け、キャプテンを中心に自主的にメニューに取り組みます。

インターハイまで1か月。普段の練習から「全国の舞台で戦う!という強い気持ちで」と監督。

チームの柱、3年生の3人。(写真左から)徳田梨恋選手、徳田梨愛主将、中袴田美侑選手。明るくチームを引っ張ります!

(写真左から)2年生の村田弥愛選手、長嶺朱莉選手、窪田奈桜選手。村田選手は177㎝、窪田選手は170㎝。高さもあるチームに。

(写真左から)2年生の川路悠佳選手、家後ひかり選手、福元里莉奈選手。県予選では得点王に輝いた川路選手。家後選手とともにベスト5に選ばれた。

(写真左から)1年生の森 月羽選手、岩下ふうか選手、永徳夢々選手。フレッシュな力をチームに!

6月下旬に開催された九州大会の登録メンバーを中心に紹介しました。部員は3年生5名、2年生9名、1年生6名の計20人。少数精鋭で切磋琢磨しています。

松永真至人監督。れいめい高校女子チームを率いて2年目になります。今のチームの特長を「負けん気の強い選手が多い」と評価。「得点を量産できるチームではない。全員でディフェンスを頑張って、ロースコアの勝負に持ち込みたい」と、全国での初勝利に向けて作戦を練る若き指揮官です。選手が頑張るなら自分も、と「お菓子禁止」に一緒に取り組むなど親身になって指導されています。

シューレースをチームカラーで揃えた3年生。気持ちをひとつに、インターハイでも頑張ります!

れいめい高校は2回戦から登場。初戦は7月29日(月)15時、鹿児島市の吉田文化体育センターで、白鴎大学足利(栃木)対浜松開誠館(静岡)の勝者と戦います。地元の大声援で、後押ししましょう!応援よろしくお願いします!

◇FMさつませんだい「7月は!インハイバスケ祭り」7月11日(木)12時~れいめい高校女子バスケットボール部より、松永監督と選手をスタジオにお迎えし、大会への意気込みをうかがいます。お楽しみに♪

学校法人川島学園れいめい中学校・高等学校。薩摩川内市隈之城町、JR隈之城駅近くに学校はあります。1964年に鹿児島実業高校の川内分校として開校し、1968年、川内実業高等学校に。その後、中学校を開設し、1989年に現在の名称となりました。スポーツの部活動ではバスケットボール部をはじめ、卓球部、体操部などが強豪校として実績を重ねています。

SNSでフォローする
関連記事