鹿児島県薩摩川内市のコミュニティ放送局

Newオープン!「おひさまとくだもの」

フルーツの町として名高い薩摩川内市東郷。南瀬(のうぜ)交差点そばに産地ならではの素敵なお店がオープンしました!

その名も「おひさまとくだもの」。明るいイエローの外観がパッと目を引きます。

これから旬をむかえるみかん。

果樹園直送の大きな梨も。

完熟みかんの一番しぼりだけを使用した「ママのみかんジュース」など、オンラインショップで人気の逸品が店頭にならびます。

不知火(しらぬい・デコポン)をたっぷりと使ったソース。ヨーグルトにかけて頂くと絶品です。

店内では、ソフトクリーム、スロージューサーでていねいにつくったフルーツジュースなどのメニューが頂けます。みかんのアイスクリームに先ほどのフルーツソースをかけたもの。さわやかなみかんの甘さがひろがります。

こちらもおすすめ!安納芋のジャム。そのままスプーンですくって頂くだけでも美味しいです。

和歌山のみかん農園がつくる「てまりみかん」。小さめのみかんが丸ごとシロップ漬けになっています!

おなじみ、薩摩川内市水引の近藤農園。自家農園のマンゴーやブルーベリーでつくったジュース、ジャム。

こちらもおなじみですね!薩摩川内市東郷の笹野製茶の紅茶。

これは珍しい、みかんの木でできたお箸。剪定されたみかんの木を有効活用したものだそう。

店内には選び抜かれた製品がならんでおり、そのどれもがオーナーの愛情を感じるもの。。

オーナーの久留須千賀子さん。ぶどう園での「はさみ入れ式」の際にもお世話になりました。千賀子さんは平成29年度全国創業スクール選手権にてファイナリスト10名に選ばれました。

”生産者は、我が子のように作物を育てている”。果樹栽培をなりわいとする家に嫁いだ千賀子さん。職人さんたちが毎日端正込めて果物を育てていることに触れたことがきっかけとなり、農業や東郷の町の未来が豊かで明るいものになるために…と、さまざまな取り組みにチャレンジしています。

”これからの農業と小さな町の未来が少しだけ豊かなものとなり、お客様お一人お一人の日々の食卓が安心安全で彩り豊かなものであり続けるために”。「おひさまとくだもの」のパンフレットにある言葉です。優しいみかん色に包まれて、気付くと気持ちも丸くおだやかに。日々の暮らしに瑞々しい旬のもの、取り入れてみませんか。

おひさまとくだもの
11時~15時 日曜定休

ウェブサイト

SNSでフォローする
関連記事