鹿児島県薩摩川内市のコミュニティ放送局

川内甑の海の幸・川内とれたて市場

川内とれたて市場の「ひらめ祭り」に行ってきました。すっきりとした冬晴れ。薩摩川内市を中心に鹿児島市や伊集院など、近隣の町からも家族連れなどが訪れ、多くの人出でにぎわいました。

Photo 2018-01-27 12 02 46

捌きたての新鮮なひらめをパック

Photo 2018-01-27 9 58 09

FMさつませんだい「フラッシュニュース」では、旬の情報が日々飛び込んできます。川内とれたて市場さんからの「今日のお魚入荷情報!」もそのひとつ。多種多彩な魚介類や新鮮な地元野菜が、お求めやすい価格で販売されているとあり、2016年11月のオープン以来、薩摩川内の「海の台所」として、すっかり定着した感があります。

Photo 2018-01-27 10 00 42

無料試食、ひらめの握り

Photo 2018-01-27 10 01 04

オープン前から大勢の人

Photo 2018-01-27 9 58 28

野外特設「捌き場」嵐の前の静けさ

Photo 2018-01-27 10 11 19

今回の主役、ひらめが到着!1尾850g~が1500円とあって、長蛇の列となりました

Photo 2018-01-27 10 15 08

Photo 2018-01-27 10 15 10

活〆し、捌き場へ

Photo 2018-01-27 10 17 08

Photo 2018-01-27 10 17 46

見ていて気持ちいいくらい、するすると捌いていく漁協の皆さん。。さすが

Photo 2018-01-27 10 57 28

青空に、柳山の風車

Photo 2018-01-27 10 58 24

ぽかぽか陽射しを浴びながら、川内のソウルフード「ちんこだんご」をパクパク

Photo 2018-01-27 11 02 35

釣りのおじさんたち

Photo 2018-01-27 11 05 20

「なに狙いですか」「アジ。今日はまだ釣れないねえ」

Photo 2018-01-27 10 06 52

とれたて市場店内も大忙し

Photo 2018-01-27 10 09 44

新鮮な水いかがこんなに。。

Photo 2018-01-27 10 08 21

地元産の新鮮な野菜・果物も。いちごにスイートスプリング、ちょっとずつ春のきざし

Photo 2018-01-27 11 31 47

捌き場では2時間以上、作業が続きました。皆さん、本当におつかれさまでした!

Photo 2018-01-27 9 56 42

薩摩川内市・水産振興グループ長の橋口隆二さん。甑島の里役場勤務から市町村合併を経て、現在の役職に。「甑の海の幸を、川内の皆さんに、そして川内を拠点に鹿児島一円にお届けしたい」と意気込みます。「まずは新鮮な魚介を、お求めやすい価格で提供して、皆さんに喜んで頂けたら嬉しいです」と笑顔で語ってくださいました。

Photo 2018-01-27 10 51 25

次は2月の「めじな祭り」

とれたて市場支配人の久保博文さんも「オープンから、あっという間の1年でした。各漁協一体となって、いろんなイベントで盛り上げていきたいと思っています!」と、あちこち走り回りながら、お話してくださいました。

Photo 2017-06-17 8 52 25

とれたて市場で好きな魚を選んで捌いてもらう間、隣接する「高速船ターミナル」内のカフェ・和の郷にて、コーヒーなど頂くのもいい時間。ゆっくりと入港する船や遠くの風車を眺めていると、薩摩川内も海の町だったんだな、と思えます。高城温泉から近いので、温泉帰りに立ち寄るのもおすすめです。甑島が加わり、彩りを増した薩摩川内市の海の幸。とれたて市場でぜひ、お楽しみください。

■川内とれたて市場
薩摩川内市港町京泊6131番地23(川内港高速船ターミナル隣)TEL:0996-41-3100
[定休日]毎月第2・第4火曜日(当日が祝日の場合は前後の曜日に変更)12月31日-1月3日

[営業時間]
◆直売所:4月‐9月 10:00-18:00/10月‐3月 10:00-17:00
◆食堂:周年 11:00-15:00

[車でのアクセス]
川内市街地から約20分、鹿児島市から(南九州自動車道・薩摩川内水引IC利用)約60分

SNSでフォローする
関連記事